【八幡ぎょうざとは】
官営八幡製鐵所で働く労働者は肉体疲労が激しく、安くてスタミナが付く食材を好んで食べていました。また、鉄鉱石などの取引が始まることによって、中国大陸と密な関係が構築され、人的交流を通して餃子という食文化が古い時期から根付いていったと言われております。
特に戦後の物資が乏しく貧しい時代、少ない食材で美味しく作ることができる餃子は市民の口に合いよく好まれたそうで、大陸からの引き揚げ者を中心に料理屋のメニューに出されていたそうです。
それがこの地域に定着した餃子という食文化の起源になります。
その後、庶民派の料理として根付いてきた八幡地域の餃子は、今では全国的に有名になった「鉄なべ餃子」の発祥地だけでなく、「ひとくち餃子」、「手羽餃子」、「スープ焼餃子」、「揚げ餃子」など多種多様に進化しております。また北部九州ではお馴染みですが、薬味に「柚子胡椒」を使って食べるのもこの地域ならではの特徴です。

【八幡の歴史】
北九州市八幡地区は立地的に九州の最北部に位置するため、大陸とも近く古くから大陸文化との交流が盛んな地域でした。1901年、国策によって生まれた官営八幡製鐵所の設置を機に寒村から工業都市へと発展し、鉄鋼・化学・窯業などの工場が集積する北九州工業地帯の中心地として栄えました。
1963年には当時の八幡市を始め、門司市・小倉市・戸畑市・若松市と共に、西日本初の政令指定都市「北九州市」が誕生し今に至ります。現在、旧八幡市は八幡東区と八幡西区の2つの行政区画に分かれており、今でも新日鉄住金や三菱化学、黒崎播磨、安川電機などの工場群が立ち並ぶ工業地帯である反面、新日本三大夜景としても有名な皿倉山など、北九州国定公園の一角を形成する自然豊かな地域でもあります。
2015年には日本の近代化に貢献した産業遺産群として官営八幡製鐵所関連施設が世界文化遺産に登録決定されました。

【八幡ぎょうざの特徴】
庶民派のスタミナ料理として八幡の食文化として根付いてきた『八幡ぎょうざ』は、「鉄なべ餃子」、「ひとくち餃子」、「スタミナ餃子」、「手羽餃子」、「スープ焼餃子」、「揚げ餃子」、など多種多様で、大きく分けて以下の4つの特徴で分類されます。


1. 鉄なべ系餃子

いまや全国的に人気の「鉄なべ餃子」。餃子を熱々の鉄鍋に乗せて出すスタイルは昭和33年開業の八幡西区折尾「本店鉄なべ」が全国発祥の地(現在は黒崎に移転)。
その誕生のルーツは発祥店の創業者が、八幡東区中央町にあった中国人が営む中華料理店で食べた餃子を見よう見まねで日本人に合う餃子として考案し、お店のメニューとして出したのが始まりです。
それに「熱いものを熱いうちに食べてもらう」アイデアとして、創業者の兄が東京で鉄板にのったまま出てきたスパゲッティを食べた話をヒントにして、京都で作られている平鍋(日本古来の囲炉鍋)を取り寄せ、餃子に応用したのが「鉄なべ餃子」誕生の物語です。そこから博多を始め、全国各地にこのスタイルが広がりました。



2.中国本土系餃子

鉄鍋餃子のルーツにもなった、中国系の餃子。肉厚の皮と中身がジューシーな餃子の総称である。官営製鉄所の関係で中国大陸との繋がりが深い地域だけに、古くから根強く存在していると思われます。


3.ラーメン系餃子

中国系本土餃子から派生。水の変わりに、ラーメンなどの豚骨スープを使って美味しく焼く餃子で、ラーメン店で多く見られるスタイルです。


4.お母さん系餃子

古くから八幡地域の食文化として根付いていただけに、多くの家庭で餃子が作られてよく食べられていました。特にお母さんの愛情というスパイスがたっぷり餃子は格別な味わいです。



【八幡ぎょうざが生まれた経緯や普及への取り組み】

起業祭のイベント – 八幡ギョウザ・ワールド!


かつて、「鉄は国家なり」を合言葉に鉄の都として栄えた北九州市八幡から、街に埋もれている〝食〟素材を発掘し、その潜在力を活かしながら、新しい食ブランドを構築する事で、地域活性化と賑わい創出に繋げていけないか・・・そんな想いを持った市民が立ち上がり、街の歴史から掘り起こして最終的に探しあてたのが「餃子」でした。その後、【八幡ぎょうざ】として、ブランド名が決定し、マップ作成や市民有志による八幡ぎょうざ協議会の設立、製鐵所起業を記念して始まった地元最大のお祭り(例年約70万人)でも、「八幡ギョウザ・ワールド!」などイベントを大きく開催したりして、徐々にその名前は内外に広く浸透してきております。

「2014全国餃子サミット&全国餃子祭りin北九州」を開催しました



全国餃子サミットとは、「主要国首脳会議」を模して、一年に一度、日本中の餃子でまちづくりを行っている団体が一堂に集まりサミットを行ないます。2010年に浜松市で7団体で行われ、北九州・八幡サミットでは10団体が集いました。
サミットの会議は非公開で開催ですが、サミット終了後、マスコミを呼んで共同声明等(記者会見)が行われました。


【全国餃子サミット開催概要】
日   程:2014年10月3日(金)
会   場:大谷会館
参加餃子国:宇都宮餃子国(栃木県宇都宮市)、浜松餃子国(静岡県浜松市)、津ぎょうざ国(三重県津市)ふくしま餃子国(福島県福島市)、すそのギョーザ国(静岡県裾野市)、かわさき餃子国(神奈川県川崎市)、津山餃子国(岡山県津山市)、伊那餃子国(長野県伊那市)、加古川ホルモン餃子国(兵庫県加古川市)、八幡ぎょうざ協和国(福岡県北九州市八幡)


サミット開催を記念して翌日から開催された全国餃子祭は、各地の餃子を一堂に食べられるイベントで、サミットに参加する10のまちおこし団体(G10)とともに餃子店舗も出展し、全国のご当地餃子が味わえる「餃子の祭典」です。また、餃子のほか、開催地のご当地グルメや物産など様々なブースが出展し、毎回多くの来場者で賑わう“食”の一大イベントです。
北九州では、二日間で延べ154,000人もの来場者で賑わいました。

【全国餃子祭り開催概】
日    程:2014年10月4日(土)、5日(日)
会    場:イノベーションギャラリー芝生広場
来 場 者:154,000人(4日:63,000人 5日:91,000人)
経済波及効果:7億5300万円(北九州市内)
(集計・分析北九州市立大都市政策研究所)
主    催:2014全国餃子サミット&全国餃子祭りin北九州実行委員会
共    催:北九州市
後    援:福岡県

八幡ぎょうざについて



Twitter



Deprecated [PHP]: Function ereg() is deprecated in file (html)/xoops_trust_path/templates_c/yahatagyouza.com-default-pink_silver^%%72^72E^72E538A2%%theme.html.php line 5 (1)